人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

転職・再就職活動の鉄則

退職理由・志望動機は前向きに

これまで社会人経験がある人で再就職活動の面接となると、「なぜ仕事をやめたのか」という質問が必ずといっていいほど聞かれることでしょう。退職理由が会社の倒産などの事情であれば、そのまま答えても良いのですが、仕事内容や人間関係、待遇などに不満があって辞めた場合は、そのまま答えることは避けるべきです。

たとえ退職理由が会社に不満があって辞めたとしても、志望動機は「新しい環境でステップアップするチャンス」「以前の職場ではできないことにチャレンジできる」といった前向きな理由を挙げるようにしましょう。もし人間関係がどうしても上手くいかなくて辞めてしまったとしても、「上司のやり方がこうだったから・・」と言うよりも、「いろいろなことを学ぶことができた環境だった」と言った方が断然前向きな発言に聞こえます。これは面接だけではなく履歴書においても同じことがいえます。

そして実際に退職理由として一番多いのがこの「対人関係」です。面接時に対人関係や務めていた会社の批判をしてしまうと、「外部に話すことではない。社会的常識に欠ける」と判断され不採用になってしまう可能性が非常に高くなりますので、決して触れないようにしましょう。企業側も対人関係はどこの職場にもあることはわかっていますので、それであればもっとポジティブなことを伝え、マイナス印象を与えることはあえて言う必要はありません。

 

引用元:履歴書の基礎知識とNG会ってみたくなる履歴書の見本・サンプル集

 

嘘をついてはいけませんが、「物は言いよう」なのです。

上手く表現をすれば、相手の印象も良くなるし、嘘をつかなくて済みます。そこのところをしっかり考えて「これだ!」と思うものを表現してください。

 

人事担当者は、上手く表現しているのか、嘘をついているのか見極めるのが難しいと思いますが、困った時は調査会社の行なう採用調査を参考にしてみて下さい。客観的な結果が出ますので、信用できると思います。

おススメの調査会社はココ!