人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

転職が難しいと感じてしまうのはなぜ?

「転職って難しい…」と感じていませんか?思い通りに進まず、転職活動に対して苦手意識を持つ方も多いようです。「どうして採用されないの?」と悩む求職者の方向けに、転職が難しいと感じる理由やと転職のコツをご紹介。求職活動をスムーズに進めましょう。

 

◆転職が難しいと感じる理由とは?

「転職が難しい」と感じる理由は人によって様々です。その中でも特に代表的な理由をいくつかご紹介します。

・新卒と違い、スキルや経験を求められる

職務経験のない新卒に比べ、正社員として働いた経験のある中途では、スキルや経験、実績を求められる傾向にあります。そのため何をアピールしてよいのか悩み、難しさを感じる方もいるようです。

・難易度の高い業界や職種を希望している

就職を希望する企業の業種・職種によっても転職のしやすさが違います。需要の多い業種やスキルを求められる技術系の仕事などは、比較的転職しやすいと言えますが、需要の低い業界・職種に転職を希望する場合、難易度も高めです。

・経験年数が短い・転職回数が多い

就職して仕事をした期間が短い(1年未満など)、あるいは転職を何度も繰り返している人は、採用担当者に「入社してもすぐに辞めてしまうのでは…」という印象を与えやすい傾向があります。転職に対する「強い意思」を伝えられないと、転職も難しくなるのでは。

・具体的なビジョンがない

「将来どんな仕事がしたいのか」「キャリアをどのように築きたいのか」など、将来における具体的なビジョンがない場合、ただ漠然と求職活動をしているように見えてしまうことも。

◆転職が上手くいく人の特徴とは?

転職活動が上手くいっている人にはどんな特徴があるのでしょうか。特徴を知って、転職を成功させるヒントにしましょう。

・条件によって求人を絞りすぎていない

自分の中である程度、条件を明確にしておくのは大事ですが、あまりに絞り込みすぎると、該当求人が少なく、応募のチャンスも減ります。条件の中で優先順位を決め、先入観にとらわれずに求人を探すと、選択肢も広がるのではないでしょうか。

・具体的な将来のビジョンがある

企業研究や自己分析をしっかりと行い、「自分のやりたいこと」や「自分のキャリアプラン」といった具体的な将来のビジョンがある人は、採用担当者に効果的にアピールできるのではないでしょうか。また、の方針に合った「求める人材」とはどんな人物なのかをきちんと理解しておくことも必要でしょう。

・退職理由と志望動機に一貫性がある

「なぜ転職を希望するのか」という退職理由と「どうしてその会社を選択したのか」という志望動機に一貫性があると、より説得力が増します。退職理由が前職の不満だった場合でも、ポジティブな印象の志望動機につなげる事で、「採用しても、また同じような理由で辞めてしまうのではないか」というマイナスイメージを払拭することができるでしょう。

・様々な手段で転職活動をしている

何かと時間と労力が掛かってしまう転職活動。友人の紹介やハローワーク、転職エージェントなど様々な手段を活用して情報収集をすれば、より効率的に転職活動を進めることができるのではないでしょうか。

◆転職を成功させるコツは?

転職を成功させるには、「自分がなぜ転職をしたいのか」を明確にしておくことが大切です。勤めている会社をなぜ転職したいのか、転職後にどんな仕事がしたいのかをはっきりさせることが、企業選びや面接対策にも繋がるのではないでしょうか。

 

引用元:ハタラクティブ

 

日頃から物事をしっかり考えている人は、自然とスキルもあり、転職に際しても一貫性があり目標なども定まっていると思います。

そうでない人は自分を見つめ直して、いちから順にしっかり考えて下さい。

 

昨今、目先の「転職」しか考えられず、自分を良く見せるためだけに経歴詐称をする人も増えています。

採用担当者は全うに採用選考をしていても、決められた時間の中でこのような人を見つけ出すのは中々難しいと思います。

そこで、調査会社の行なっている「採用調査」を利用してみては如何ですか?

安心できる調査会社はコチラです!