人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

転職サラリーマンの経歴詐称 バレバレな4つの手口とは?

面接時に経歴詐称するサラリーマンの手口はバレバレ! どこの企業にも、「なぜあいつがうちの会社に?」と、レベルを疑いたくなる人材はいるもの。そこで浮上するのが、話題になっている経歴詐称問題。企業においても、経歴詐称をして入社してくる人材は数多くいる。

中途採用の例ではありますが、面接の際に、自分の経歴をうまくクリエイトする人は多いですね。まぁ、詐称という意識などなく、誰もがやっていることかもしれませんが、上には上がいて、人材派遣会社も企業も見抜けないほどにウソを書き連ねて面接をクリアしてしまう人が多いんです」とは、人事戦略コンサルタントの松本利明氏。

「無駄にかしこく、ウソをついて会社を渡り歩いてきた人には手口があるんです」。その手口とはいったい? ここで、さまざまなケースを松本氏に聞いてみた。

「人事は、前職のことはだいたい調べますから、ここを詐称するとバレることが多いです。この前職調査とは、人事が採用候補者が職務記述書や面接で答えた通りの働きぶりや成果を出していたかを採用候補者の上司や同僚に電話インタビューや推薦文で確認することです。なので、手口としては、前職調査をされない経歴を詐称します」

 松本氏は、4つのタイプを挙げてくれた。

①すでに消滅した会社の職歴を入れる

倒産や吸収合併などで今存在しない企業を入れ込むこと。倒産されると調べようがないため、ここでどれほどの成果を上げ、どれほど責任のある仕事内容だったのかを偽ることが多い。

②3社ほどある企業の実績を一つにまとめてしまう

よく転職回数が多い、在籍期間が短いなどは不利に働くことは多いが、そこで行う手口としては、一番有利そうな会社だけにまとめて在籍していたことにする。

③子会社だったのに本社にいたことにしてしまう

たとえば電通にいました!とは言うものの、よくよく調べると電通の下請け企業にいたことが発覚。子会社で部長をやっていたのに、本社で実績を上げたことにして、転職してくる人も多いようだ。

④大きなプロジェクトをサブでやったのに、リーダー格だったことにする

その会社の代表的なプロジェクトを自分の手柄だと持っていく人もいる。上司の手伝い程度なのに「これを企画したのは自分だ」と堂々と言ってしまったり、下請け企業でプロジェクトに入ったのに、発注元の会社にいて担当したことにしてしまう人も多い。

 

 たとえば実例では、下記のようなケースがある。

「IT企業に44歳中途で入ってきた人は、『テレビ制作会社でディレクターをやっていた』『数多くのヒットアプリを出してきた』と華麗な経歴だと詐称して、いきなり次長の役職に。ところが部下になった私たちに指示をしないどころか、アプリ制作のノウハウもそんなに知らずに、私たちが教える羽目に。小さな会社だったので、そのダメっぷりが社長にバレて降格になりました」(28歳・IT)

 うまく入社ができたとしても、就業後の実力まではごまかし切れず、長続きしないというのも特徴なんだとか。

「だいたい数年もせず辞めてしまうことが多いですね。人事は、入社後の仕事っぷりを見てからその違和感に気付くことが多いそうです。雇ったからにはすぐにはクビにはできないのが企業ですから。『面接のときに見抜けなかったのか?』と言われるとなかなか難しいようです。例えば、ハーバード大学を卒業したとして、卒業証明書を見せてもらったとしても、それが本物かどうかまでは確認できない。そのウソの証明書をつくってしまう人もいるほどなのです。さすがに大企業は何度も面接を重ねたりと審査が厳しいところも多いのでそのような人はなかなか入ることないでしょうが、中小企業はそのまま信じ込んで入れてしまうことも多いそうです。なぜなら、手口は巧妙化していて、慣れた人だと業界業種を移して転職活動をします。すると、業界内の噂がまるでないため、第一印象で判断してしまうしかないのです」

 とはいえ、むやみに詐称をするのはNGである。


外資系化粧品の大手P&Gにいたことにして経歴を偽った人が、P&G関連の人が出入りしないのをいいことに潜り込んだはいいが、結局そこの企業にP&Gの人が入り込むようになり、バレた人もいます。さすがにここまであからさまになってバレると居られませんよね。とはいえ、詐称をすることになんの悪気もない人もいますし、そのウソを本当のことだと思い込むタチの悪い人もいます。実力があってうまくやっていく人もいれば、実力もなく撤退する人もいるので、いずれにしてもやりすぎは厳禁でしょう。企業側もますます厳しい目で判断するようになっているので、気を付けていただきたいと思います」

 バレてどん底に落とされることを考えると非常にリスクが高い。ちょっとの詐称くらい、と思い込んでいるとそのうち痛い目に合うかも?

 

引用元:日刊SPA!

 

「会社側に損害がなかったらいいかなぁ・・」という問題ではないですね。人ひとり雇うのにも、時間と労力とお金がかかります。

採用前に調査会社に依頼したほうが安くつく場合もありますよ!

採用調査でおススメの会社!