人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

夏の転職活動は暑さ対策が何よりも大事

履歴書の準備を整え、面接の想定回答も用意して、万全の準備が整ったと思っていてはいけません。

夏の転職活動では、暑さ対策が何よりも重要になってくるのです。

日照りのきつい中をスーツを着て、面接会場に向かうというのは予想以上に疲れる事です。

事前に対策をしていきましょう。


夏物に衣替えしているか?

スーツを着る場合、インナーシャツ、ワイシャツ、スーツ一式、靴下と着なければならない衣装がたくさんあるので、これらを全て夏物に衣替えしているかどうかで暑さは大きく違ってきます。

最近は、着ていると涼しくなるような素材のものも増えているので、以前から使っているものを使うより新しく買い直した方が、涼しく過ごせる可能性があるので、購入を検討してみると良いでしょう。

暑さにはスーツの影響が最も大きいので、各スーツ販売業者も様々な工夫をしており、最近ではUVカットスーツやスーツ内の温度が上昇しにくい素材の物も販売されています。

価格競争もスーツ業界では進んで、非常に安くなっているので、一度近くの販売店を尋ねてみると良いでしょう。


太陽を出来るだけ避けろ!

面接会場までの道のりでどれだけ太陽に当たるのかが、暑さや疲労感に大きな影響を与える事になります。

早朝などに家を出るようにし、面接会場に早く到着するようにすれば暑さも避けることが出来ますし、休憩してから面接に挑むことが出来ます。

また、面接会場への道のりにおいても、出来るだけ日に当たらないように、ビルの日陰になっている所を歩いたり、地下を歩くようにすれば体感温度は大きく違ってきます。

日傘や濡れタオル、濡れティッシュなども暑さ対策に使えるはずです。

ちょっとした工夫で大きく違ってくるので、出来るだけの対策をしておきたいです。


面接会場に入る前に最終チェック!

やっと面接会場についても、そのまま会場に入らないようにしましょう。

事前に鏡のある場所を見つけて再度自分の状態を確認しておきたいです。

汗がダラダラ流れている状態になっていたり、暑いからといってネクタイを緩めてそのままになっていたり、スーツの上着を脱いだままになっていたりしないでしょうか。

この文章を読んでいるときは冷静で、そんな事をする訳がないと思うかもしれませんが、30何度という中を面接会場に向かって歩いてからだと、頭もボーとして思わぬミスをしてしまう事があります。

自分の格好以外にも、面接の想定回答などもちゃんと覚えているかもう一度振り返っておいた方が良いかもしれません。

喫茶店やファミレスなどに入って落ち着いて最終確認をするというのも良いでしょう。


まとめ

暑さについて色々と指摘してきましたが、私自身も就職活動時に暑さに大変苦しめられたので、暑さ対策の重要性を実感として持っています。

面接会場に着く前に汗を大量にかいて、疲労困憊状態になっていては、まともに面接なんて出来ないものです。

しっかり対策はするようにしましょう。

 

引用元:高卒転職マニュアル

 

日頃から仕事でスーツ着用している人でもこの時期はイヤですよね!

まして、スーツを着ていない人には地獄です。でも、転職活動にスーツは必須!

この時期の転職を選んだのは自分自身なのですから、最後まであきらめずに頑張って下さい!

採用担当者も色々大変だとは思いますが、応募者の苦労を少しでも感じ取ってあげて、公正な選考をお願いします。

また、採用担当者のサポートとして前職調査を行なっている会社がありますので、一度検討してみてください。

おススメの調査会社はコチラです。