人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

先輩たちに聞く、転職の理由と注意点 転職を決意する瞬間とは?

人生を左右する決断だけに、転職をしたいと思っても実行するにはかなりの勇気がいるものです。まわりの人に相談しづらいのも、転職をためらってしまう理由の一つかもしれません。それでは、実際に転職をした人たちはどんな理由から決断を下したのでしょうか。面接では口に出せない本音をご紹介しますので、是非とも参考にしてください。


先輩たちに聞いた、転職を決意したきっかけとは?

では、転職を行った先輩たちはどんなきっかけで決意したのでしょうか。 当然かもしれませんが、理由の根本にあるのは会社に不満があるからです。具体的には「先輩や上司と仲が悪い」「気の合う人がいない」といった人間関係や、「嫌な仕事をまわされた」「契約内容と実際の仕事の内容が違う」「自分が本当にやりたい仕事ではなかった」という仕事内容によるもの。

 

他にも「休みが取りにくい」「休日出勤や残業が多い」「給料に不満」といった理由もあげられるようです。

 

しかし、誰だって会社に対して多少の不満は持っているもの。まず転職を考えるのではなく、会社に対して改善を働きかけることは必要です。単純に「嫌になったから辞めた」という考えでは、次の就職活動の面接で転職理由を伝える時にマイナスになりかねません。

 

それでも転職に踏み切った人たちに理由の本音の部分を聞くと、多くの人が「自分の『好き』とは違う仕事である」「任される業務の領域や役割が希望と違う」「今の仕事を続ける限り、スキルアップは難しい」といった基準を設けているようでした。単純に今の職場が嫌だから辞めるのではなく、自分のやりたいことをイメージして前向きな転職を心がけることが大切なのかもしれません。


仕事がない時、生活はどうしていた? 転職期間のお財布事情と注意点

先輩たちが転職活動をふり返って語る注意点の中に、「すぐに次の仕事が決まると思っていたら、全然そんなことはなかった」という意見も多く聞かれました。

 

新しい仕事が決まる前に退職してしまった人の無職期間を調べてみると、平均で10カ月だそうです。そこで気になるのが、無職期間中にはお金をどうしていたかということです。

 

退職期間中は貯金を切り崩す、失業保険をもらう、家族に援助してもらう、アルバイトをするといった方法で生活していたようです。無職期間中には転職活動の交通費を節約し、自分の出費を切り詰めるのはもちろんですが、中には子どもに受験をあきらめてもらったなど、家族にも協力してもらわないといけなかったケースもあるようです。

 

先輩たちの意見にもありましたが、転職には思った以上の時間がかかるものです。たかをくくって少ない貯蓄で会社を辞めてしまうと後々大きな苦労を招くことになるので、転職を考えている人は金銭面での準備もしっかりと整えておきましょう。

 

結婚、出産にあわせて転職を決めたケースも 転職のタイミングを決めた理由として、女性の場合は結婚や出産をあげるケースは珍しくありませんでした。しかし最近では、男性でもこうした例が増えているようです。

 

このようなケースの場合、理由として「残業時間の多さや出張の回数」「産休や育休制度、また時短勤務といった制度が存在するか」といったポイントが重視されているようです。転職を考える際にはこうした理由の他、企業の情報をしっかり調べておくことが重要です。

 

他にも会社紹介の中で子育てしやすい環境であることを前面に出していると、家庭と仕事の両立を積極的に応援してくれる企業である可能性が高いようです。

 

ただし、転職をすると収入が一時的に不安定になる可能性が高いことを忘れてはいけません。家族サービスを充実させるために転職をすることはいいことですが、転職の条件や福利厚生、給料などの経済的な事情もしっかりと考慮して、最適なタイミングを計ってから実行することをおすすめします。


なぜ3年目で転職する人が多いのか?

転職する人が多いタイミングとして、入社3年目という時期があげられます。その理由には「3年間働くと社会に対する視野が広がり、自分のやりたいことが見えてくる」「あまりにも忙しく、プライベートの時間がまったくとれないから」「他の会社と比較して、今の職場の条件が悪い気がする」といったものがありました。仕事や会社の環境にも徐々に慣れてきて、社内や周りの状況が分かるようになってきたことが原因にあるようです。

 

中には転職をしていく周りの人を見て、自分も転職を意識するようになったという人もいます。


理由をよく考えて、積極的な転職を心がけましょう!

ここまで書いてきたように、転職に踏み切る本当の理由は人によってそれぞれ違います。中にはマイナスのきっかけから始めた人もいるでしょうが、明確な目的を持ち、しっかりとした準備を行えば良い結果を得られるかもしれません。皆さんも理想としている会社に出合えるよう、積極的に転職活動に取り組んでください!

 

引用元:@type

 

先人(先輩)の失敗や成功を参考に自分に事をしっかり考えて人生を決めてください。

 

一方で採用担当者には第3者の意見を参考としてもらいたいです。

応募者との面接だけではなかなか見えてこないものが見えることも多々あります。

調査会社は浮気調査ばかりではありません!

人事担当者のサポートもしています。それは採用調査!

前職調査によってその人の仕事ぶりや人間関係が見えると、採用選考時の参考になるでしょう。

信頼できる調査会社はココ!