人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

採用面接の準備

どのような企業であっても、最適な人材を採用することは企業の成功において非常に重要です。効果的な採用面接を行うことにより、求職者が適切なスキル、知識、能力を備え、仕事をうまくこなせるのか判断でき、社内で活躍するための態度、意欲、価値観を備えているのか明らかになります。

 

ここに紹介する秘訣を参考に、次回の採用面接を成功に導きましょう。

 


面接前の準備

意義のある採用面接を実施するには、準備が不可欠です。求職者の履歴書に入念に目を通し、資質や仕事上のスキルに関する情報を一層引き出すことができる質問を考え、書き出しましょう。会社や募集をかけている職務の利点を、いかに強調するかも考えておきましょう。快適で気が散ることのない、適切な面接場所を確保することも大切です。また、同席する同僚全員に、求職者の履歴書、質問事項を提供しましょう。


面接での質問の作成

採用面接を実施する際、求職者の過去の経験、行動を判断材料にする質問が有効です。このような質問により、職務上求められる特定のスキルや特性を備えているかわかります。この手法は過去の行動が未来のパフォーマンスの一番の指標となる、という考えを基にしています。まず、職務内容を参照し、その職務に必要とされる主な特性、知識、行動、能力を書き留めます。次に、求職者が具体例を挙げながら、これらの必要な要素を過去にどのように実践してきたか説明できるような質問を作成します。


面接の実施

面接は同席者とあなたの自己紹介から始めます。面接の形式を説明し、事業内容、規模、財務状況、成長計画、企業文化など、会社の概要を手短に説明します。これから先のプロジェクトやキャリアを発展させる機会など、職務内容を出来るだけ魅力的に説明します。質問段階では、求職者の回答にしっかりと耳を傾け、後で参照するために書き留めます。質問をはぐらかそうとしていないか注意し、必要に応じてさらに探りを入れてみてください。求職者個人のスタイル、態度、価値観にしっかりと注意を向けると、求職者の適正に関してバランスの取れた見方が出来るはずです。


面接終了後

会社や職務について質問がないか尋ね、面接を終了します。これは求職者が会社や職務についてじっくりと考えていたか、面接官の話をしっかり聞いていたか確かめるのに有効です。面接終了後、面接官から求職者へ、彼らが会社に関心を持ち、面接に参加してくれたことに感謝の意を示します。選考過程の次のステップを知らせたり、選考結果の通知日を伝えるのも良いでしょう。求職者が帰った後、出来るだけ早く、面接中に書き留めた内容をまとめましょう。そうすることで、求職者の性格、スキル、能力に対する印象が色あせることがなく、その他の求職者と会った後に判断材料として利用できます。

 

引用元:Michael Page

 

担当者も採用業務に専念できれば、履歴書にもしっかり目を通すことも出来ると思います。しかし、多くの企業は人事担当者が他業務と兼務していたり、人事の経験がなかったりなど、色々な理由で満足な採用活動ができていないのが実情でしょう。

そこで、そんな担当者に少しでも安心して採用調査の依頼ができる調査会社があります!お勧めはコチラ!