人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

要注意!あなたの就職が決まらない5つの原因と対策

「就職がなかなか決まらない…」と悩んでいませんか?周りの就活生に内定が出始める中、自分だけが内定がでないと、「どうしよう…」と途方にくれてしまいますよね。

でも、効果的な対策をとることで、その後の就職活動を軌道修正し、卒業までに内定を決めることが出来ます。そこで、就職が決まらない4つの原因と、その効果的な対策を詳しく解説いたします!

 

原因1 そもそもエントリー数が少ない

就職が決まらない人の原因の一つに「エントリーしている会社の絶対数が少ない」パターンがあります。単純な話ですが、エントリー数が少なければ、選考のチャンスも減り、内定が出にくい。就職が決まらない人の多くは30社以下とエントリー数が少ない傾向にあるのです。

これではなかなか厳しい。ではどうするか。

特定の業界へのこだわりを捨て、志望業界を増やしていこう

エントリー数が少ない人の多くは「僕は総合商社だけで行く」「マスコミ一本」と特定業界にこだわっている傾向があります。

特定の業界にこだわらず、「やりたいこと」を軸に志望業界を増やしていきましょう。たとえば、「グローバルな環境で働きたい」なら、総合商社でなくても、

など、様々な業界が候補に上がるはず。「やりたいこと」を言語化し、それにあてはまる業界はないか、もう一度探していきましょう。

隠れた優良企業は、すぐに見つかる

とはいっても「妥協してどこでもいいから受けろ」と言っているわけではありません。最初の就職先は重要ですから、納得できるところを選ぶべきです。以下の方法を使えば、納得のいく企業を見つけられるでしょう。

  • 日経業界地図で、様々な業界・企業を知る。就活生に人気がなくても、世界シェアトップの企業がいくつも見つかります
  • 「隠れた優良企業ランキング」というそのものズバリの本も使えます
  • 大手の子会社・孫会社は、待遇も大手に準じていて、内定難易度も高くない。大手の系列会社で興味のありそうな会社を探そう

これらで候補を増やし、どんどんエントリーしていきましょう。エントリーをしていなければ、二次募集の通知に気がつくことができません。できるだけ早く志望業界・企業を増やし、エントリーを追加してください。

原因2 志望度が伝わってこない

数回の面接を経て最終面接付近まで残れている場合、就職が決まらないのは「志望度・入社意欲」が伝わっていないからかもしれません。

いくら優秀でも、入社意欲が疑われる学生には、人事は内定を出しません。役員に出張ってもらって採用したのに「すいません、蹴られました」と後で役員に説明するのは、サラリーマンである人事にとって避けたい事態だからです。

つまり、「この学生なら、内定を出したら必ず入社してくれる」と人事に思わせなければならない。

第一志望だと信じてもらうロジックをつくろう

面接では第一志望と答える。これは絶対の大前提。ただ、それだけだと信じてもらえません。第一志望だと信じてもらうには、

  • 私のやりたいことはAだ
  • なぜAにこだわるのかといえば〜という理由からだ
  • 競合他社と比べ、業界の中で、Aをやるには御社が一番だ。だから、御社が第一志望だ

というロジックを使いましょう。やりたいことを軸に、他社と比較して「なぜ第一志望なのか」を語れば、人事も「それなら第一志望だろう」と納得してくれます。

最終まで行けば、学生の差はほとんどありません。結果を分けるのは志望動機の質。入念に練った志望動機で入社意欲をアピールしてください。

「 私のやりたいことはAだ。競合他社と比較して、Aをやるには御社が一番だ」というロジックで志望動機を語れば、入社意欲が伝わる

 

3.自信を無くしてしまっている

最初は自信があったのに、不採用が続き、自信を完全に喪失してしまっている学生が多くいます。表情も暗くなり、声も弱々しくなり、益々就職が決まらなくなってしまうのです。

確かに、面接で落とされると「自分には価値がない」と感じてしまいますよね。しかし、落ち込む必要はありません。なぜか。面接は人の仕事の能力を予測するのに「全く」役に立たない方法だからです。

面接は簡単な知能テストよりも、仕事の能力予測に役に立たない

海外の調査によれば、

  • 仕事のサンプル、職務知識のテスト、以前の職場での同僚からの評価に比べて、面接は応募者の仕事能力を予測するのに役に立たない
  • 面接よりも、簡単な知能テストの方が、応募者の働きぶりを予測するのに役立つ

ことがわかっています。つまり、筆記試験で上から順に採用した方が、面接で選ぶよりもマシなのです。つまり、面接でわかるのは「その学生が面接上手かどうか」だけであって、仕事の能力は予測できない。その程度のものですから、あまり重く受け止める必要はないのです。

面接に落ちたことはどう受け止めるべきか

では、面接に落ちたことはどう受け止めるべきか。一つ「縁がなかったな」もう一つは「面接がヘタだったかもな」です。

面接に何度も落ちるということは、面接が下手な可能性がある。だから、面接の練習はするべきでしょう。しかし、それはスキルの問題です。人格の問題ではない。スキルですから、磨けばいいのです。

原因4 就職活動そのものをやめてしまう

就職が決まらない学生に一番多いパターン。それは何か。実は、「就職活動そのものをやめてしまう」というものです。

何度も不採用通知を受け、「もう自分なんて駄目だ」と自己否定をして、就活を続けられなくなってしまう。しかし、当たり前ですが、就職活動を続けなければ内定が出るはずもありません。

面接の結果は軽く受け止め、気楽な気持ちで就職活動を続けよう

既に述べたように、面接での評価はアテになりません。それに外れたからといって「自分は駄目なんだ」と自己否定する必要はない。反省するべきは、面接スキルのみで、自分を責めることはないのです。

落ちても「運が悪かった。縁がなかった」程度に受け止め、あまり落ち込まず、気負わず就職活動を続けましょう。

 
引用元:賢者の就活
 
 
就職時の採用試験のみで採否を判断してはいけません。採用調査の信用できる調査会社はここ