人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

人事考課、人事評価とは

企業で働くと、必ず「人事考課」や「人事評価」という言葉を耳にするようになります。

どちらも働くうえで必ず行われる「評価」に関する言葉ですが、ここでは、それぞれの言葉の意味、そして意味の違いについて紹介します。

人事考課とは

人事考課とは、企業が従業員に対し、能力・業績・貢献度・勤務態度などの評価を行うことを意味します。

評価の目的は、昇進や昇格、あるいは給与額の決定をはじめ、適切な部門への配置や能力開発なども含まれます。

評価の方法は、あらかじめ決定されている「評価基準」と実績の比較をはじめ、従業員内での実力の比較、あるいは自己申告によるものなど、企業によってさまざまなものが取り入れられています。

人事評価とは

人事評価とは、一般的に、企業が従業員に対して仕事の結果や業績の価値、良否を判定することをいいます。

「人事考課」よりもより大きな概念を表すといわれますが、実際には考課と同じ意味で使われていることも多いです。

明確に使い分けがなされていない場合、ほぼ同じ意味と考えておいてよいでしょう。

人事考課や人事評価の必要性

人事考課や人事評価は、なぜ必要なのでしょうか。

その大きな理由のひとつは、従業員の活性化です。

企業は、従業員一人ひとりの現時点における能力を正しく把握することで、それを適切に活用することができます。どの人をどの部門に配属する、というのもその例です。

また、評価によって不足しているとわかった部分に関しては、教育や研修などを通して能力開発していくことによって実力を伸ばすことができます。

これらのことを実践するためには、「公平な評価」が行われることが大前提となります。そして、公正な処遇が行われれば従業員は意欲が高まり、より企業を信頼して仕事に打ち込むことができます。

従業員一人ひとりが自身の力を発揮して前向きに働くために、また活発な組織を築いていくためには、人事考課や人事評価が欠かせません。

 

 

引用元;キャリアガーデン

 

社員の素行は大丈夫?

機密情報漏洩を調査する会社はここ