人事ニュース

人事・採用に関するニュースをお送りします。

転職する人の心理的特徴や理由 7選

転職する人の心理的特徴や理由 7選
ひと昔の日本社会では、1社に定年まで勤め続けることが「正しい」という考え方があったものの、最近は「転職」も当たり前の時代になりました。

今回は転職をする人、転職を考える人の心理や特徴、理由について考えたいと思います。

主に、次の7つが挙げられます。

 

1. もっと収入がほしい

生活する為にはお金が必要で、お金を得る為には働かないといけませんが、今よりももっと贅沢したり、苦労せずに生活をしたいと願うのは、多くの人が持っている心情です。

その為にはどうしてもお金が必要で、現職よりも多い収入(お金)を求めて「転職」をする場合があります。

これは転職理由の中でも多数を占めているのではないでしょうか。

お金の為に転職することは、決して悪いことではないと思います。

日本人の心のどこかにある「1社に勤め続ける美学」を貫いたり、会社へ貢献する・恩を返す等の義理人情を通すことは大切ですが、低い収入で自分や家族の生活に苦を強いられるのなら、美学や義理よりも選ばなければならない道だってあります。

2. 自分の能力を試したい

人よりも秀でた能力があったり、自分自身のスキルに大きな自信を持っている人が「転職」を考えることがあります。

能力がある人にとって、自分の能力を役立てるチャンスが無いことほど、やりがいの無い職場はありませんから。

3. 会社の待遇に納得いかない

収入以外の待遇や職場環境に不満があり、「転職」を考える場合です。

これも決して悪いことではありません。世の中の会社が全て良い会社!なんて夢のような話はありませんから、理不尽な待遇や職場環境に納得が行かないなら、転職を考えることも一つの道ではないでしょうか。

4. 他にやりたい仕事がある

現職がしっくり来ず、思い切って辞めて 自分が本当に心からやりたいと思える仕事に再就職する、これもよくある転職の理由の一つです。

転職先の仕事が多少辛くても、あなたがどうしてもやりたくて、好きで就いた仕事なら、頑張って乗り越えられるでしょう。

自分がやりたくない仕事を一生続けるなんて、これほど辛いことはありませんね。

5. キャリアアップ

現状の自分に満足せず、さらに自分を成長させる為に、現状よりも厳しい職場に転職する場合で、こういう理由で転職する人も少なくはありません。

今以上の苦労はあるでしょうが、こういう苦労や困難に立ち向かうタイプの人は、しっかりと先を見据えているので、乗り越えることができるでしょう。

6. 職場の対人関係

職場に心底気が合わない、どうしても嫌な上司や同僚がいる為に転職を選ぶ場合です。これも決して悪いことではありません、もうどうにも無理だと思ったら転職することも一つの道です。

一生に一度の人生ですから、毎日笑って仕事がしたいですし、人間関係のストレスを抱えながら仕事をすることは本当に辛いです。

この理由で転職をする場合、周囲から、「逃げている」とか「負け組」なんて言ってくる人もいますが、気にする必要なんて全然ありません。

「転職」して、それであなたが生き生きとして仕事ができるなら、その時点であなたは「勝ち組」です。

7. 自分以外の要因

自身の希望や意思とは関係無く、家族や親族等が関わる理由で、転職を余儀なくされる場合です。

こういう転職も少なくはありませんが、これもまた運命でしょう。

転職が不本意であっても、回避する術が無いのなら、気持ちを入れ替えて 新たな仕事にチャレンジしてみてはどうでしょう。

 

以上、「転職する人の心理的特徴や理由 7選」でした。

 

転職をする人には、様々な理由があり、様々な心理の元で決断していますね。

縁があって勤めた会社を辞めることは相当な覚悟が必要ですし、転職後が決して順風満帆であるとは限りません。

やりがいを感じる仕事でも収入が下がるかもしれませんし、収入が上がっても前職以上に苦労するかもしれません。

ただ、その転職が いろいろ考えた末の人生の決断であるならば、苦労や困難があっても、前を見て進みましょう。

「転職」で大切なのは、あなた自身の決断が「決して間違いではなかった」と、あなた自身が信じ続けることです。

 

引用元:人の心理.com

 

良い転職をして、納得の人生を送って下さい。悩んで心も体も病んでしまうと「働き甲斐」がありませんよね。前向きな挑戦はいくらやっても良いと思います。

飽きた、面白くない・・・など後ろ向きでは明るい未来は見えてこないと思います。

採用担当者も一緒に働いていいと思える人と出会えると、採用選考も苦ではなくなりますね。面接や説明会など忙しいですが頑張って下さい。

採用調査では人事担当者の参考となる情報が得られると思います。安心出来るおススメの調査会社はコチラです!

 

 

まじめで真剣な応募者を集めるには 誠実・公正であること

「知らない」「気づかない」だけの法律違反もリスクにつながる


求職者は応募先を探して一字一句、真剣に注目しています

会社やお店のことをPRする宣伝広告はとても大変です。
芸能人の起用やデザインの工夫で見てもらえる可能性が異なることもあるのではないでしょうか。
しかし求人広告は違います。
求職者は一字一句、真剣に注目しているのです。


応募者は求人広告から企業についての経営姿勢・人材の扱い方を敏感に読み取ろうとしています

たとえ今回は応募に結びつかなくても「活気がある」と感じてもらうことはとても大切です。
実際、求人広告からは経営姿勢や人材の扱い方も読み取れることもあります。
真剣な応募者は特に「どんな会社なのか」「働く人を大切にしているのか」を読み取ろうとしています。


SNSで拡散…「マイナス」の伝言ゲームを防ぐためには法的な配慮と実態に基づいた表記をしましょう

求職活動は生活や将来に関わる重要な事です。
「雇用条件が求人広告と違った」「問い合わせや面接でイヤな思いをした」など応募者に悪い印象が残ってしまうと、その悪い印象は長く残りがちなものです。根っこは深く長くなりがちです。
たとえ一方的な内容でも、これから求職活動をする人にとってはとても気になる情報です。トラブル防止に努めることで求人広告の力を活用してください。


法律マメ知識

事実・実態と異なる求人広告は法律違反

求職者は求人広告に書いてあることを信じて会社選びをします。
その為、面接時やはたまた入社時に思っていた条件が違うと
勤務が出来ない可能性もあります。
内定辞退や早期退職となれば、求人募集の費用や労力もムダになってしまうかもしれません。
表記の内容が、本当に事実・実態どおりであることを再確認してください。

 

写真の無断使用は肖像権の侵害
本人とわかる写真の無断使用は肖像権の侵害です。
また辞めた社員の写真を本人に無断で使った求人広告を引き続き出してしまうと、訴訟に発展することもあるので十分な注意が大切です。

 

引用元:リクルートジョブズ 人材サービスインフォメーションネット

 

誠実・公正にしていても良い人材が集まらないことはあります。

会社側にとって問題社員となる人もいますが、日頃の採用業務では中々見つけることは難しく、入社後に判明することもしばしば。

そこで、採用前に調査会社を利用する企業も増えてきています。

そう「採用調査」です。

調査は違法と思われる方もいますが、調査することについては何ら問題ありません。

違法な手段方法での調査や、得た情報を違法に使用することがいけないのです。

考えてもみて下さい。会社の不利益になるような人を採用しますか?都合の悪いことを隠して入社しようとする人を見極めるのも採用業務のひとつです。

コチラの会社は安心出来る調査会社です。

転職活動で大切なこと

転職活動で大切なことの一つとして、まずはとにもかくにも行動することがあります。

まずは行動を

転職したいと思いつつ、なかなか行動に移すことができない、という話をよく耳にします。
そのような人が動くことのできない理由にはいくつかあるようです。

ひとつめは、方向性が定まっていないために何をすればいいのか分からないという状態。

このようなケースでは、まず、なぜ転職したいのか、どのような方向で転職活動を進めるかについて定める必要があります。
現実逃避目的で転職したいと考えているだけなのか、それともより高いスキルを身につけることを目指しての転職なのかを明確にするようにしましょう。
そして、それらのものが明確になってはじめて行動のためのゴーサインを出すことができるのです。


踏み出す勇気を

もうひとつのタイプは、転職理由も方向性もしっかりと定まっているのに実際に転職に踏み出すことができないという人。
こちらのタイプの人は、「失敗するのが怖い」「行動するのがおっくう」という理由で動くことができないのです。

しかし、それではいつまでたっても転職を成功させることはできません。
新卒の就職でも同じことがいえますが、必要なのはともかく行動すること。
すでにご存じのとおり、現在の就職事情はとても厳しいものです。
いくら前職で高い実績があってもなかなか転職先が決まらないということもあるかもしれません。

しかし、それでもともかく転職のために動かなければならないのです。
いくら落ち続けてもともかく行動することをやめなければ、いつかは結果につながります。
結果が出るまでの期間が長くなると、あきらめたくなる気持ちもわいてくるでしょう。

「転職なんてしないて今の仕事を続けていればいいか・・・」という気持ちになるかもしれません。
しかし、そこで行動をやめない人だけが成功を手に入れることができるのです。


粘り強い活動を

転職に限らず仕事においては、粘り強く行動し続けることがとても大切です。
その粘り強さがあってこと、大きな仕事や能力を手に入れることができます。
ところが最近は、この粘り強さを嫌う人がとても多いのだそうです。

簡単にお金を稼ぎたい、楽をして成功を手に入れたい、苦労はしたくないという考えを持った人が増えているという現状。
しかし、苦労せずに手に入れた成功は本物ではありません。
そのような偽物の成功はあっという間に消え去ってしまうのではないでしょうか。
失敗を恐れて行動せずに現状に対する不満だけをぶちまけている状態からはなにも生まれませんよ。

思い切って行動してください。

 

引用元:成功の転職マニュアル

 

とにかく、転職したいのかしたくないのか?したいのであれば動くしかないんですよね。何も考えず動くことは危険ですが、今はPC等でいくらでもノウハウや情報は手に入ります。

いい加減な転職は自分のためにもならないし、採用担当者にも失礼なのでやめてくださいね。

採用調査を少しでもお考えのご担当者は、安心出来るコチラの会社がおススメです。

転職・再就職活動の鉄則

退職理由・志望動機は前向きに

これまで社会人経験がある人で再就職活動の面接となると、「なぜ仕事をやめたのか」という質問が必ずといっていいほど聞かれることでしょう。退職理由が会社の倒産などの事情であれば、そのまま答えても良いのですが、仕事内容や人間関係、待遇などに不満があって辞めた場合は、そのまま答えることは避けるべきです。

たとえ退職理由が会社に不満があって辞めたとしても、志望動機は「新しい環境でステップアップするチャンス」「以前の職場ではできないことにチャレンジできる」といった前向きな理由を挙げるようにしましょう。もし人間関係がどうしても上手くいかなくて辞めてしまったとしても、「上司のやり方がこうだったから・・」と言うよりも、「いろいろなことを学ぶことができた環境だった」と言った方が断然前向きな発言に聞こえます。これは面接だけではなく履歴書においても同じことがいえます。

そして実際に退職理由として一番多いのがこの「対人関係」です。面接時に対人関係や務めていた会社の批判をしてしまうと、「外部に話すことではない。社会的常識に欠ける」と判断され不採用になってしまう可能性が非常に高くなりますので、決して触れないようにしましょう。企業側も対人関係はどこの職場にもあることはわかっていますので、それであればもっとポジティブなことを伝え、マイナス印象を与えることはあえて言う必要はありません。

 

引用元:履歴書の基礎知識とNG会ってみたくなる履歴書の見本・サンプル集

 

嘘をついてはいけませんが、「物は言いよう」なのです。

上手く表現をすれば、相手の印象も良くなるし、嘘をつかなくて済みます。そこのところをしっかり考えて「これだ!」と思うものを表現してください。

 

人事担当者は、上手く表現しているのか、嘘をついているのか見極めるのが難しいと思いますが、困った時は調査会社の行なう採用調査を参考にしてみて下さい。客観的な結果が出ますので、信用できると思います。

おススメの調査会社はココ!

転職には何が必要?間違った準備をしてはいけない

転職したい!そう思った時、あなたはまず何をしますか?

これまで一度も転職活動をしたことがない人にとって、よくわからないことも多いですよね。

そこで、今回は転職活動に向けて準備するものや間違った準備の仕方について紹介します。


転職活動の準備、何をすればいい?

転職活動を始めようとした時、それほど準備することはありませんし、準備に時間をかける必要はありません。

目的、スケジュールを明確にする

まずは、なぜ転職するのか、いつまでに転職活動を終わらせるのかという、目的やスケジュールを明確にすることから始めましょう。

転職活動を始めると、最初の目的が曖昧になりがちで、転職することよりも転職活動を終わらせることを重視しがちです。

そうなってしまうと良い転職はできません。

目的がぶれないように、最初に明確にするようにしてください。

次にスケジュールですが、これが明確になっていないと、ついだらだらしてしまい、転職活動が長期化してしまいがちです。

短期間で効率よく転職活動を終わらせる為にも、最初に決めておきましょう。

転職サイト、転職エージェントへの登録

転職活動を行う為に必要となるのが転職サイトへの登録、転職エージェントへの登録です。

転職サイトでは、転職する上で絶対に必要となる求人情報を見て応募することができますし、転職ノウハウも掲載してくれています。

転職エージェントは、無料で転職のサポートをしてくれますエージェントが専任でついてくれて、その人の経歴、希望に応じた求人を紹介してくれたり、履歴書の添削や面接の練習といったこともしてくれます。

今では、非常に多くの転職サイト、転職エージェントがありますが、使っておきたいものについては後述します。

転職の実態を知る

転職活動を始めるといっても、そもそも転職活動ってどうなの?っていうことも知っておきたいですね。

知っておくことで、イメージを掴みやすく、不安な気持ちも軽減されます。

転職活動の期間、転職活動の流れ、転職の成功率など当サイトでも紹介しているので見てみてください。

参考:転職情報

転職活動で必要なもの

では、次に転職活動を行う上で必要となるものを紹介します。

スーツやかばん

転職活動では、面接に行く際はスーツが必須ですし、スーツに合うかばんもの必要です。

普段からスーツで仕事をしている人であれば、わざわざ準備する必要はありませんが、

普段、ビジネスカジュアルなどの服装で仕事をしている人だと、だいぶ前に買ったスーツしかない人もいるかもしれません。

だいぶ前のスーツだと、体形が変わってしまっている人もいる為、しっかり着ることができるか確認しておいてください。

転職活動において、身だしなみは非常に大切です。

体形にあっていないスーツを無理やり着ていたり、くたびれたスーツを着ていると印象が悪くなってしまうので注意しましょう。

お金

転職活動するにあたり、幾分お金が必要となることもあります。

転職サイトや転職エージェントなどは無料で利用できますが、主にお金がかかるのは面接時の交通費です。

特に遠方で転職を考えている場合だとかなりお金がかかる為、あらかじめ準備しておくようにしましょう。


間違った転職準備

転職活動しようと思った時に、間違った転職活動をしてしまう人も多いですね。

ただ、無駄な準備ばかりしていると、転職活動には意味がないことに時間をかけてしまって転職活動が長期化してしまったり、無駄なことに力を注いだことで、本来やるべきことができずにいつまでも転職活動できないことにもなります。

とりあえず勉強する

これまでとは違う未経験の業界に転職しようと考えた時、とりあえずその業界についてとりあえず勉強を始める人もいます。

しかし、その勉強が全く無駄なものであることも多いです。

実は全然必要ない知識を身につけていることも多いですし、そもそも転職活動では勉強したからといって全く評価されないことも多いです。

とりあえず資格をとる

転職するには資格があったほうが有利だと盲目的に考えてしまい、とりあえず資格をとる人も多いです。

ただ、転職するにあたり、たとえ資格を持っていても有利になることは少ないです。

ただ、持っているだけでなく、実際にその資格を利用した実務経験がなければ意味がありません。

ですから、とりあえず資格をとることはただ時間と労力、そしてお金を無駄にすることになりかねません。

ただ、職種によっては資格がなければなれないものもあるので、資格取得を目指すかどうかはよく考えましょう。

参考:資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

情報収集ばかりする

転職活動をしようと思った時、やたらと情報収集をする人もいますよね。

確かに情報収集することは大切なことです。

ただ、それよりも実際に行動してみたほうがわかることも多いです。

ですから、わからない部分があってもとりあえず進めてみることが大切です。

 

引用元:Raorsh

 

勉強や資格、情報収集がいらない訳ではありません。ただ、それをしたからといって転職が成功する訳ではないので、しなければいけない優先順位をしっかり考えて行動して下さい。

間違っても、経歴詐称等は絶対に止めてくださいね。

安心・納得の採用調査をしてくれるのは評判のこの会社!

転職が難しいと感じてしまうのはなぜ?

「転職って難しい…」と感じていませんか?思い通りに進まず、転職活動に対して苦手意識を持つ方も多いようです。「どうして採用されないの?」と悩む求職者の方向けに、転職が難しいと感じる理由やと転職のコツをご紹介。求職活動をスムーズに進めましょう。

 

◆転職が難しいと感じる理由とは?

「転職が難しい」と感じる理由は人によって様々です。その中でも特に代表的な理由をいくつかご紹介します。

・新卒と違い、スキルや経験を求められる

職務経験のない新卒に比べ、正社員として働いた経験のある中途では、スキルや経験、実績を求められる傾向にあります。そのため何をアピールしてよいのか悩み、難しさを感じる方もいるようです。

・難易度の高い業界や職種を希望している

就職を希望する企業の業種・職種によっても転職のしやすさが違います。需要の多い業種やスキルを求められる技術系の仕事などは、比較的転職しやすいと言えますが、需要の低い業界・職種に転職を希望する場合、難易度も高めです。

・経験年数が短い・転職回数が多い

就職して仕事をした期間が短い(1年未満など)、あるいは転職を何度も繰り返している人は、採用担当者に「入社してもすぐに辞めてしまうのでは…」という印象を与えやすい傾向があります。転職に対する「強い意思」を伝えられないと、転職も難しくなるのでは。

・具体的なビジョンがない

「将来どんな仕事がしたいのか」「キャリアをどのように築きたいのか」など、将来における具体的なビジョンがない場合、ただ漠然と求職活動をしているように見えてしまうことも。

◆転職が上手くいく人の特徴とは?

転職活動が上手くいっている人にはどんな特徴があるのでしょうか。特徴を知って、転職を成功させるヒントにしましょう。

・条件によって求人を絞りすぎていない

自分の中である程度、条件を明確にしておくのは大事ですが、あまりに絞り込みすぎると、該当求人が少なく、応募のチャンスも減ります。条件の中で優先順位を決め、先入観にとらわれずに求人を探すと、選択肢も広がるのではないでしょうか。

・具体的な将来のビジョンがある

企業研究や自己分析をしっかりと行い、「自分のやりたいこと」や「自分のキャリアプラン」といった具体的な将来のビジョンがある人は、採用担当者に効果的にアピールできるのではないでしょうか。また、の方針に合った「求める人材」とはどんな人物なのかをきちんと理解しておくことも必要でしょう。

・退職理由と志望動機に一貫性がある

「なぜ転職を希望するのか」という退職理由と「どうしてその会社を選択したのか」という志望動機に一貫性があると、より説得力が増します。退職理由が前職の不満だった場合でも、ポジティブな印象の志望動機につなげる事で、「採用しても、また同じような理由で辞めてしまうのではないか」というマイナスイメージを払拭することができるでしょう。

・様々な手段で転職活動をしている

何かと時間と労力が掛かってしまう転職活動。友人の紹介やハローワーク、転職エージェントなど様々な手段を活用して情報収集をすれば、より効率的に転職活動を進めることができるのではないでしょうか。

◆転職を成功させるコツは?

転職を成功させるには、「自分がなぜ転職をしたいのか」を明確にしておくことが大切です。勤めている会社をなぜ転職したいのか、転職後にどんな仕事がしたいのかをはっきりさせることが、企業選びや面接対策にも繋がるのではないでしょうか。

 

引用元:ハタラクティブ

 

日頃から物事をしっかり考えている人は、自然とスキルもあり、転職に際しても一貫性があり目標なども定まっていると思います。

そうでない人は自分を見つめ直して、いちから順にしっかり考えて下さい。

 

昨今、目先の「転職」しか考えられず、自分を良く見せるためだけに経歴詐称をする人も増えています。

採用担当者は全うに採用選考をしていても、決められた時間の中でこのような人を見つけ出すのは中々難しいと思います。

そこで、調査会社の行なっている「採用調査」を利用してみては如何ですか?

安心できる調査会社はコチラです!

転職とは、自分の中で変化を生み出すこと。

こんにちは、ござ先輩と申します。ITエンジニアを生業としています。ご寄稿のご依頼を頂きまして、「転職」について僕の考えを書かせて頂きます。

転職は失敗するのが当たり前

僕は2003年に新卒で前職の会社に入り、2009年に現職の会社に転職しました。人生で一度しか転職しておらず、30代のITエンジニアとしてはかなり少ない部類に入ると思います。転職に興味がなかったわけではないのですが、かなり慎重に考えています。「今とやっていることが大して変わらないけど、隣の芝生が青く見えて転職した結果居場所が築けなくて失敗する」というケースを結構見てきたからです。

福利厚生や労働時間といった会社のハードの部分がどうしようもなければ話は別ですが、ハードの部分は満足しているけども仕事内容や人間関係に漠然とした不安を抱えている状態が最も転職が頭をよぎる時です。しかし、仕事内容や人間関係のお悩みは転職しても解決できるとは限りません。環境を変えても同じ問題がついて回るのです。

僕は「この会社は自分に合わなかった」という類のセリフが嫌いです。自分に合わせてくれる仕事なんかドコにもありません。よく考えてみてください。お客様が「そちらの好きなようにやって下さい」なんて言うわけが無いし、上司や同僚だって「全てお前に合わせるから」なんて言うわけが無いじゃないですか。

転職に意味を見出す前に、自分にとって居心地のいい場所は初めから無いのだと諦めて欲しいです。所属した組織環境の中で必ず制約があります。その制約と自分の願望のバランスを取るしか無く、その為には自分をアピールする必要があります。

自分をアピールする

会社は自分に合わせてくれないのが当たり前ですが、取り付く島もないわけではありません。合わせてくれるだけの理由を作れば良い。そのためにできる事は1つしかなく、仕事を通じて自分の存在をアピールすることです。心のなかで思っていても相手には伝わらないのと同じで、上司や同僚に対して言葉に出して訴えかけなければ、何のアピールにもなりません。

こういうことがやりたい、なぜこうなっていないのか、こうしたら良いのではないか、このままでは損をするのではないか。そういう話って必ず打ち合わせや日常業務の場でされていると思います。これがベストと思ったら、そのベストに近づくために働きかける。これがすごく大切です。

何かを働きかけて自分を前に出すというのは、矢面に立つという感覚になります。ちょっと怖いですよね。でも、あなたの働きかけが失敗しても誰も気にしないです。矢面に立ったことを見てくれる人が必ずいます。会議で喋りすぎても死なないし、スベっても死にません。でも発言は慣れです。慣れちゃえばどうってことありません。

環境を変えたくてもアピールするクセがついていなければ、そもそも転職先を納得させることも難しくなります。アピールしなければ周りもあなたのことがわからないままです。こんなに勿体無いことはありません。

ただ自分の居場所にじっとしてはダメなんですよ。外へ外へと出て行って巡り会って育てていかないと。机の前に座って情報を集めるだけではそこに熱がない。あなたを認めもしないし、刺激もしないし、ホロリともさせてくれないじゃないですか。

故・中村勘三郎さんの名言です。こういうことですよね。

下手な自分を棚上げしよう

ずっと同じ仕事をしている人ってそう多くないと思いますし、同じことを続けているだけじゃ絶対に飽きます。退屈は成長意欲をすごく削いでしまいます。確立された仕事のやり方を教えられ、飽きつつもそのままやり続けてしまうと、動きたくても動けなくなります。転職すらできなくなるケースもあるでしょう。多かれ少なかれ、仕事をしながら自分に変化を生み出すことがすごく大切になります。

変化を生み出す際に一番重要なのは、下手くそな自分を棚上げできる図々しさです。下手なのは当たり前!ぐらいでちょうど良い。下手な自分を棚上げしてどんどんアウトプットをしていくこと。下手な自分に落ち込んで踏み出さないでいたら、できないことができるようになるのを変化と言います。できないことにぶつかるのは当たり前。出来ない事が出来ないまま終わってしまったら、何も変わらないですよね。そんなのつまんないじゃないですか。

ご自分の速度で、変化を生み出しながら刺激を取り入れて、良い職場環境を築いていきましょう。

 

引用元:みんなの転職

 

確かに、転職したからといって良い事ばかりではないですね。

自分が納得できる転職をして下さい。そのためには自分も変わらなければいけないんです。

いい加減な転職を繰り返して、自分の首を絞めないようにだけはしたいですね。次第に転職することが目標になって、職務経歴書に嘘を書かなくてはいけなくなってしまいますよ。

 

採用担当者は表面上の事実にとらわれることなく、人物を見極めて下さい。

採用調査で安心の調査会社はコチラです!